医師の英語の能力

医師に英語能力は必要か

医師能力と英語について

医師にとって、英語の能力は欠かせないものとなっています。まず、医学部に入学をする際にも、センター試験では英語は必須科目となっている他、他の私立などの医学部に関しても、こちらの科目だけは免除などがされることはありません。また、推薦入試などの際にも、使用される科目である、とされています。そのため、よく帰国子女の方の方が医師になりやすい、という言葉を聞くことがありますが、実際にその点は大きく、これは幼少期などに、海外で流暢な言葉を聞いているために、その点がとても有利に働く、というメリットが大きいためです。

患者の受診キャンセルの対応

医師は、医療知識や技術に優れているばかりでなく、患者やその家族などとのコミュニケーション能力が求められています。患者との信頼関係を築く上で、何よりも意思の疎通が必要になります。診断の結果や治療方針を説明する際に、難しい専門用語ではなく、分かりやすい表現を駆使しながら患者に安心感を与え、治ることへの手応えを感じてもらうことこそ、医師としての最初の治療になります。たとえ、患者が体調不良などで受診をキャンセルしたとしても、以降のフォローを徹底することで、患者の安心感は取り戻されていきます。すなわち、常に患者と一緒に歩んでいることを示すことが大切になります。

↑PAGE TOP