内科の医師に関して

内科の医師の勤務内容

内科の医師について知ろう

総合内科のドクター求人の中には認定医しか募集していない場合があります。病院を運営して行くうえで認定医などの資格を所持している医師が勤務医として配属されていると、診療報酬を請求する際に加算が取れる可能性があるからです。余裕がある場合だとドクターの免許だけで良い医師求人もありますが、ほとんどの場合、認定医などの専門医の資格を所持しておいた方が有利です。年俸も全く違い、専門の資格を所持している場合とそうでない場合だと2000000円程度の差があります。そのため事前にこちらの資格を取得しておいたほうが良いです。

医療機関で働く内科の医師

クリニックで働く内科の医師の主要な仕事は、外来患者への対応や、高齢者の住む家庭への訪問診療です。特に病気になったときに最初にクリニックで診察を受ける人が多いために、必要に応じて大学病院などに紹介するのも重要な業務です。また規模の大きな病院で働く医師の場合には、専門外来などで高度な治療が必要な患者を診察する機会も多いです。呼吸器や循環器系の疾患の治療を行うのが、大規模な医療機関で勤務する専門医の大切な役割です。

↑PAGE TOP