医師に大切な意志

良い医師になるには意志を持つ

意志能力と医師に関して

医師になるためには、努力と才能が必要です。極端な話、才能がずば抜けて良い人であり、学歴が高い人がとてもいい先生、ということはありません。逆に、患者さんとのコミュニケーションが上手であり、患者さんのことを考えることが出来る医師こそが、良いお医者さんである、とされています。これというのも、意志がしっかりとあり、患者さんのために、と考えていることが出来ている先生ほど、患者さんから慕われると同時に、感謝されることが多いのです。逆に、能力がとても高く教授などとなり、権力を持っている人でも、間違った考え方で医療を行った場合には、よくニュースにされるように、免許をはく奪され、みじめな老後が待っているからです。

患者のキャンセルが相次ぐ時

患者の予約をもとに診察を組んでいるにもかかわらず、患者のキャンセルが相次ぐ場合、医師としての能力が試されます。キャンセルの理由は人それぞれですが、あまりにも多い場合には自分自身の能力を吟味してみる必要があります。患者の話をあまり聞いてなかったり、判断ミスが多かったり症状に合った薬を処方していないということなどが原因かもしれません。そのため患者は医師に対して信頼を失ったり不安な気持ちを抱くためにキャンセルをするのです。それで、自分の診察の様子や患者への接し方などをよく自己吟味してみるようにしましょう。

↑PAGE TOP