医師のパソコン能力

医師にパソコン能力は必要か

医師はパソコン能力も求められる

昨今の病院では、業務連絡をはじめ、診察時間の予約や、患者さんからの問い合わせを電子メールでやりとりするなど、インターネットの活用が当たり前のように行われています。また、電子カルテの導入等により、医師であっても専門分野の他に、パソコンの能力が求められる時代となりました。かつては、医療機器メーカーによる独自のシステムがありましたが、最近では、一般的なオペレーティングシステムを搭載したパソコンに、専用のソフトウェアをインストールしてシステムが構築されています。患者さんの命や健康を預かる医師としての専門分野に加えて、新しい能力を身に付けるのは大変な事ですが、その先には業務の効率化の実現と、患者さんの利便性という形で貢献できます。

キャンセルすることなどを

医師の能力には様々な個人差があって、得意分野や不得意分野も医師によって、大きく異なります。自分の能力に合わない職場の求人に応募した後で、応募をキャンセルすることもあります。様々な業務を行う時は、自分の適性を上手く掴む必要があります。自分の得意分野の業務を行うことも大切ですし、不得意分野の業務を経験して、苦手分野を克服することも大切になります。ワークライフバランスに対する関心は、多様な価値観ぞ存在する中で注目が集まっています。様々な選択肢があることは、とても有意義なこととなります。自分に合う職場で、自分の力を発揮することは、とても大切なこととなります。

↑PAGE TOP