医師の専門分野は

医師が専門とする分野

医師の専門分野に対して

医学生が医学部を卒業して医師の国家試験に合格すると、研修医として所定の研修業務に従事します。医師としての基礎的な経験知識を実務のうえで研修するとともに、将来進むべき専門分野を決めるべく、一通りの分野をすべて実地に業務することになります。 これらは非常に細分化されており、例えば外科といっても脳外科・循環器外科・消化器外科・小児外科・泌尿器外科等、内科も同様です。さらには心療内科や救急外科といった境界分野も存在します。

リハビリテーション科専門の医師

リハビリテーション科専門医師の資格を持つものが、脳卒中や外傷性脳損傷、脊髄損傷、小児疾患、切断、骨関節疾患、関節リウマチ、神経疾患、心臓疾患、呼吸疾患など多くのリハビリが必要な患者の治療にあたります。リハビリテーション科がある病院では、専門医師は、幅広い知識を持ち、患者の機能回復と社会復帰を促す重要な役割を持っています。病院のリハビリの総合的なサポートを行い、看護師と協力し合い、回復に向けて取り組みます。

↑PAGE TOP