医師の英語力とは

現代の医師は英語力が必要

医師に英語力は必要か

はっきり言って医師にも英語力はあったほうが断然いいです。旅行客は普段と違う環境で体調を崩しやすくなり、ターミナル駅やホテルの近くの病院では、頻繁に外国人が訪れます。もちろん保険証をもっていないのですが、自費でもいいから診てほしいとやってくる患者がほとんどです。英語圏に住む外国人だけでなく、中国・韓国などアジアに住む外国人もみな英語を話します。受付での会計などは日本語でジェスチャーを交えながらでも何とかなりますが、医師の診察だけは英語でのやりとりができないと診てあげることもできません。

英語力が高い医師は重要

外国人の比率が高いエリアでは、英語力が高い医師が重宝されることとなります。日本語をしっかりと話すことができない外国人などが通院した場合、診察や治療を適切に行うことができない可能性があるので、基礎的な会話能力から医学用語の英語なども知っていると多くの外国人を助けることができるでしょう。医師が英語力を上達されるには日ごろから勉強をすることが必要であり、英会話レッスンなども必要に応じて受けておくと良いでしょう。

↑PAGE TOP