小児科の医師について

小児科の医師の仕事内容

小児科に勤務する医師

少子化が進む昨今において、小児科が縮小する傾向にありますが、実際には子供たちの病気を心配する親は減ってはいません。そのため、医師に関しては常に不足気味であり、その勤務は厳しいものとなります。しかしながら、その仕事内容は過酷であるだけではなく、未来ある子供たちの幸せに直結していてやりがいを感じられるものです。外来でも病棟でも、子供たちが元気になっていく姿は、誰の目から見ても素敵な光景で、医師の役割も大切なものです。

小児科医師の仕事について

小児科に勤務している医師はかなりの激務と言えます。こちらの診療科の場合症状の変化が激しく、悪化する際には急激に悪化します。そのため悪化するかどうかの見極めが他の診療科と比べると難しいです。器具の使用方法も他の診療科と違います。注射針や点滴なども独特で内科や外科と同じようには行かないです。特に赤ちゃんだと体調の変化を言語化して話す事が全く出来ないので、医師としての長年の経験がものを言う診療科でもあります。

↑PAGE TOP