産婦人科の医師の勤務

産婦人科の医師の仕事

産婦人科の医師の勤務について

医師の勤務は激務といいますが、その中でもとくに激務といわれているのが、産婦人科です。それは少子化の影響もあって産科が減っているという現状で、患者さんが集中してしまうということと、拘束時間が長いということで、産科の医師のなり手が少なくなっているということもあります。出産の仕事はやりがいはありますが、妊婦や胎児の命の危険を伴うということで、つねに緊張を強いられる仕事ですから本当に大変な仕事といえます。

産婦人科の医師として楽しく働く

自分の働き方に合った産婦人科を見つけることが出来れば、医師としてのモチベーションを保ちながら楽しく充実した気持ちで働き続けることが可能です。子どもを身ごもった母親を気づかいながら医師として毎日働くことは簡単な事ではありませんが、その分、「命の誕生の場面」に多く触れ合うことで感動や充足感も他の仕事とは比べ物になりません。働く時間や医院の在り方・訪れる患者さんの種類が自分に合っている場所ならば、大変さも軽減され、非常に満足のいく勤務が出来るはずです。

↑PAGE TOP