麻酔科の医師の仕事

麻酔科の医師の実態とは

麻酔科医師は手術だけではない

麻酔科の仕事と言えば、大抵の人が手術の麻酔と時に付きっきりでいるといイメージを持つ人がほとんどです。しかし、医師と同様に手術になると神経を尖らせ、医師と同様に始めから終わりまで付きっきりで忙しいお仕事と言われています。また仕事はこれ以外に外来、緩和ケア病棟での痛みを和らげるよう最大に引き出すように調整したり活躍する場はたくさん誇りあるお仕事です。急患や救急などいつ呼ばれてもおかしくない勤務態勢ですが、とてもやりがいのある仕事と言えます。

麻酔科の医師の勤務について

麻酔科の医師は、主に手術に合わせての勤務になることが多く、急な患者が多い時には、常に忙しく動くことも少なくはありません。手術には麻酔がつきものであるため、どのような科の手術においてもなくてはならない存在です。麻酔を打つだけでなく、手術中に異変がないかを常に監視して、何かあったら対処できるように控えているため、一瞬たりとも気を抜くことができないという点では、他の科の医師と同じ責任を背負っているポジションとも言えます。

↑PAGE TOP